« ユニ・チャームインドネシアその2 | トップページ | インドネシアでスケート »

結核

昨夜NHKで、結核をテーマに放送されていた。

感染と発病は違うんだね。日本では今、4人に1人感染または感染の疑いがあるそう。エー!!と思ったけど、感染しているだけで、菌自体は眠っているそう。

そして、怖いのは、何かのきっかけ(=体力がおちるとか)で、眠りからさめ、活動をはじめる、ということ。

怖いのその2は、発病しても、薬を飲めば2週間で見かけは収まるってこと。治ったかのように元気になるけれどもまだ菌は生きていて、そこで薬をやめると、その菌はその薬に対し耐性を持つようになる、つまり、もうその薬では治らなくなる。だから、一旦発病したら、副作用もある薬を最低9ヶ月間飲み続けなければならないそう。

なぜ、こわいか・・・

それは、インドネシアでは、まだまだ結核はポピュラーな病気だから。多分その辺に一杯結核発病者がいるんじゃないかな。そして、彼らは、貧しいから、病院に行ったとしても、そう長く薬を買い続けることは出来ないだろう。治ったかのように見える2週間で薬はやめちゃうんじゃないか。。。怖い耐性菌。

そして、たとえ3年間とはいえここに住んでいた者は、感染している可能性ありじゃないだろうか。今はまだ(かろうじて)若く体力もあるから、菌は眠っているけど、やがて年をとって体力が落ちてきたら、もしかしたら発病するかも。

いたずらに怖がる事はないが、インドネシアに住んでいたということは、こういったリスクを抱えているんだって事を忘れずにいなくては。

|

« ユニ・チャームインドネシアその2 | トップページ | インドネシアでスケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニ・チャームインドネシアその2 | トップページ | インドネシアでスケート »