« バンドレック | トップページ | 明日からレバラン »

ヤクルト

Yakuruto この写真は、パンガンダランという有名な観光地から海岸沿いに、車で2時間程も離れたひなびた海岸のワルン。上から2段めの右端にある物は日本人なら知らない人はいないのでは?というほど有名なヤクルト。

この写真を撮ったのは夫だ。なぜ撮ったか?・・・ヤクルトがこんな田舎で売られていたから。(しかもここが重要だけど、あまり大きな声で言えないのは、「これ、冷蔵庫じゃないよ」ってこと!)

こんな田舎にも売られているヤクルト。バンドンのスーパーでは、おなじみの飲み物として、陳列されている(もちろん冷蔵コーナーで)。今回「Wish」という雑誌に詳しくヤクルトインドネシアについてレポートされていた。ちょっと抜粋。

ヤクルトはインドネシア国内で生産されている。良質の水が豊富なことで知られるボゴール・スカブミに工場はある。

日本のヤクルトとビミューに味が違う。甘みのもとが、インドネシアのは砂糖とブドウ糖、日本のは液糖(なんじゃ?それ)で、高齢者に優しいのはインドネシアの方。

そして、気になるお値段は・・・円換算で例を挙げれば、「インドネシアは1本約15円、日本は1本約35円、フランスは80円」とのこと。ヤクルト社には「1本をはがき1枚、たばこ本の値段で売る」というフィロソフィー「代田イズム」がある、のだそう。1日にたばこを1本我慢して、ヤクルトの換えたら、ちょっとは健康に近づくかな。

そもそも、ヤクルトは「戦前の日本で蔓延していた赤痢などの病気を予防できないかと考え」できたもの。病気になってから薬を飲むのではなく、「人の体に有益な作用をもたらす微生物を腸内に持つ」という考え。

う~ん、インドネシアではまだまだ病原菌がうようよしてそうだし、試してみようかな~!でもって、あこがれのカキリマ・・・とまでは行かなくてもワルンくらいで、おいしそうな物食べてみたいな・・・

|

« バンドレック | トップページ | 明日からレバラン »

コメント

ヤクルトとポカリスウェットが普通にスーパーにあって驚いたのですが、こちらに工場があるから、とのこと。

ポカリは日本だと缶1本が126円、こちらでは3500ルピアだったかな。
ポカリもなんだか微妙に味が違う気がしました。

体を動かした後のポカリはおいしいので、時折飲んでますが、ヤクルトはまだ飲んでないな~
私にはちょっと甘い・・・

投稿: SOLD OUT | 2007年10月10日 (水) 19時59分

ヤクルトか…
ずいぶん昔からインドネシアではかなりポピュラーな子供の飲み物として親しまれていました。
うちの子供達もパパイヤとヤクルトで育ったようなもの!

ボゴールにあるヤクルト工場の当時日本人工場長とはゴルフを通じて親しくさせてもらってました。懐かしいなぁ~

本場のヤクルトと味がちょい違うのはそういうことだったのか!まめじかさんすごい調査能力!

投稿: ケン | 2007年10月11日 (木) 10時48分

そうそう
パンガンダランと言えば!
お土産屋さんでよく売られている、貝殻のオーム貝が網に掛かるという情報を得て、名付けて「オーム貝の刺身とゲソ焼きを食べてみよう!」と言う企画で、1週間のツアーを組んで行った事があります!
結局5日間の漁に出て収穫ゼロ。。。
でも後から、天然記念物?と聞いて、ゲゲッ!!となりました。

投稿: ケン | 2007年10月11日 (木) 11時21分

SOLD OUTさん、
ポカリも安いですね。
トコステでは、スプライトに2種類の値段があって(みかけはそっくり)「なぜ、これとこれは値段が違うの?」と聞いたら、「高いのはインポートで、安いのはローカル。ローカルのはルビー マニス。」との返事。もちろん少々高くてもインポートのを買いました。
ポカリはどんな風に味が違うんでしょう?

投稿: まめじか | 2007年10月11日 (木) 14時10分

ケンさん、
ヤクルトは1991年にインドネシア進出だそうです。当時は1日たったの16,000本という販売量だったそう。
パパイヤとヤクルト、どちらもおなかに良さそうですね。

オーム貝は貝殻を土産物屋さんで見たことがあります。きれいな形にほれぼれします。地元の人はこれを捕獲して食べちゃうんですか?!
そういえばスラウェシに旅行に行ったとき、シーフードレストランで、「メニューにはないけど蟹(椰子蟹のこと?)があるよ。日本人はよく頼むよ。」と持ちかけられたことがありました。ピンときましたね。もちろんきっぱり断りましたよ。

ところで、この間の豆知識、クルマ(干しナツメ)買ってきたのですが、水1リットルあたりどれくらいの実を入れれば効果的でしょう?実はつぶさなくていいのかしら?

投稿: まめじか | 2007年10月11日 (木) 14時23分

やっぱりポカリも少し甘い気がします。
でもそんなには変わらないかな。

ね、カキリマって何?

投稿: SOLD OUT | 2007年10月19日 (金) 15時17分

SOLD OUTさん、

カキリマって言うのは、直訳すると、
カキ=足、リマ=5・・・「5本の足」という意味です。
これは、つまり、その辺にいっぱいある、移動式屋台のことです。屋台には大きなタイヤ2個と先っぽに小さなタイヤが1個付いていて、それを押す人の足が2本、合計5本の足になるというわけだそうです。お皿はいったいどこで洗っているか・・・が問題だと思います。

投稿: まめじか | 2007年10月21日 (日) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンドレック | トップページ | 明日からレバラン »