3日目は出産祝いに

以前仲人をした関係でもあり、田舎から代表でお祝いに行ってきた。赤ちゃんは未熟児で誕生したが母子ともに順調そうで安心。お昼ご飯を一緒に食べた、(赤ちゃんはまだ入院中)

ユースケサンタモニカ(?)さんやお相撲のなんとかさんが住んでいるマンション併設のショッピングモールの中のレストランで。

今日は上の娘はバイト。下の娘とそのバイト先に夕食を食べに行った。北海道のスープカレーのお店。初の東京進出の店だそう。上野娘とはそこで別れを告げ、再度下宿に戻り「銭ゲバ」最終回を見て夜行バスに乗るため出発した。

| | コメント (24)

2日目はダン婦人の祝賀会

ICBAとはまだご縁が続いている。なにげなく始めたインドネシアでのルマキタ文庫。私のバンドン生活に華を添えてくれただけでなく、帰国後もいろいろ楽しませてくれている。ニュースレターには3回連載でルマキタ文庫の、開設・運営・引き継ぎに関してエッセイを書かせて頂いた.今回は創設者であられるダン婦人の何とか褒賞受賞記念講演と祝賀会にも参加させて頂いている。

今回の私のメインは、松岡享子さんにお会いすること。

松居直さんも参加されていた。

ちょーハッピー。

伊藤忠記念財団の方ともお話しできた。

そして思いがけない情報もゲット。ずっと帰国後、何か変・・と感じていたことの意味が解明できた。この感触は私だけではないらしい。3年くらい掛かるそう。

私だけ出ないと聞きすごく救われた気がする。

帰り、渋谷でまたまたケーキとシュークリームを買って帰宅。夕ご飯は食べにでるのもじゃますさいから、みんなでつくってワイワイ食べた。上の娘と家でご飯を食べることが出来ウレシイ。

| | コメント (0)

虫も食わない野菜

Photo これは、大根の芽です。これは、マイ菜園ではありません。隣の畑。(=マイ菜園の地主さん)

地主さんは自転車で15分ほどのところに住んでおられます。このところ稲刈りで忙しいのでしょう、10日に1回程度来られます。

私は、朝起きたらまず1回。夫が出勤後、朝の連続テレビが始まる前に2回目。出勤前に3回目。・・・最低3回はムシムシチェックに行きます。仕事の無い日はもう2回は行きます。それなのに、大根も白菜も日の菜も穴だらけです。勿論ムシに食べられるんです。大根なんて全滅状態です。新たに植え直しましたが、これも時間の問題でしょう。

10日に1回の大根に穴がなく、日に最低3回チェックの大根が穴だらけ・・・なぜか?そんなの答えは簡単。穴がないのは、虫も食べないマズイお野菜だからさ。ムシは正直ですからね。私のお野菜はと~ってもおいしいから、ムシさんが食べに来るんですわ。オーホッホッホ・・・と笑っている場合ではない!!!私の食べるところがなくなったんじゃあ、いくらおいしくったって話にならんじゃないか!!!プンプン。

しかし、だからといって、ムシも食わない野菜は作りたくないっす。無農薬栽培ってホンマにかのうなんだろうか?虫除けのおおいをしても、地下からの進入はどうしようもないよ・・・

| | コメント (0)

三回忌の打ち上げ(?)

三回忌の打ち上げと称し、ランチに行きました。

最初はケーキバイキングにする予定だったんだけど、せっかくだしランチに変更したのです。京都のホテルで、オーダーバイキングの中華料理。インドネシアでは、気軽に中華が味わえましたが、日本では本格中華となると、庶民には贅沢すぎ。めったと行けません。

今日は、オーダーバイキングと言うことで食べまくりました。

席に着くとすぐ、蟹の蒸し物とフカヒレ入りスープが運ばれてきました。第一回目のオーダーは、ロブスターボールのマヨネーズ焼きとアワビのクリーム煮、ホタテの甘辛煮。第2回めのオーダーは、何だったろう?飲茶系で、エビの蒸し餃子、大根餅、あと鶏肉のカシューナッツ炒め。第3弾は、イカのXO炒め、牛肉と栗、ショウロンポウ。第4弾はチキンのオーブン焼き、サーモンサラダ、豆腐と松茸の蒸し物。第5弾が季節のフルーツとごま団子(1個)、ブタの角煮。その後デザートに移り、ごま団子、杏仁豆腐、シャーベット、何故か仕上げにサーモン炒飯、中華ちまき、タピオカのココナッツミルク・・・11時半に食べ始めて、お店を出たのは2時過ぎ・・・ひたすら食べ続けた・・・

お料理と飲茶は一品1人分のオーダーはできませんでした。テーブルの人数分じゃないとダメだって。ちょっとずつシェアーしたかったけど。でも、一回ずつ作るのに1人分は作りにくいし、1人前って言っても、小ぶりのお皿に上品によそうくらいだし、まあよかったかな。デザート系は1人分ずつもOKだったし。

気になるお味は・・・全体においしかったです。でも、飲茶はイマイチだったな。皮分厚すぎ。お料理は味付けも日本人好みになっていたし、火の通し具合なんか絶妙!お肉は軟らかジューシー、お野菜は油を吸っていなくてシャキ.デザートの行けてました.マンゴープリンが無かったのが残念.1000円で別オーダーでした。

その後町をぶらついて、信三郎帆布で柿渋色のカバンを買いました~1万円超え・・・高!この間バティック展に行ったときも物色し、今日決断。このあいだも、今日も、身動きできにくいほどの人が入っていました。

| | コメント (0)

マイ菜園(-この夏楽しませてくれたシソ)

Photo_2 かなりジャングル化しています。しかし、ここまで来たら穂シソを収穫するまで抜きません!白いカワイイ花が今満開です。ミツバチもぶんぶん寄ってきています。

10月頭には実が収穫でき、やっとお役目終了。引っこ抜かせて頂きます。すっきりするやろうなあ。

Photo_3 ここまできたら、もう完全にジャングルですね。手のつけようがありません。

手前の大きい葉は、ヘチマ。ナーベラーとも言うんですね。その次が赤シソ。その奥が秋エンドウ。その横がネギ。その奥がさつまいも。

性格丸出しの菜園です。私は、目的達成型人間で、とにかく、おいしいモノが収穫できればいいんです。

けれども、来年は、もうちょっと考えて植えようと思っています。はてさてどんなことになる事やら。

| | コメント (0)

パコと魔法の絵本

娘に誘われ(=実はアッシーくん)観に行きました。キョーレツ!

特殊メイクで誰がどの役だか???行く直前に出演者だけチェックしていたもんだから・・・最初の間は誰がどの役か確認するのに頭が働いてしまって、いかんいかん。後でもう一度チェックしたらいいから・・と自分に言い聞かせ。・・・というくらい誰だか全くわかりませんでした。オカマ役のなんて芸名だっけ・・・日本沈没で総理大臣役していた・・・テレビドラマで和菓子屋の主人役していた・・・この人結構はまり役かも?ホームページでは、「監督が何故自分をこの役に抜擢されたかは疑問ですが云々」と書かれていたが、監督は見る目があったな。妻夫木くんだったかなあが「ここまでやっていいものだろうか?」と不安になったときもあったが、○さん(=オカマ役の人)があそこまでやってるんだからいいや、って思った」というようなコメント。皆さんいろいろな不幸というか問題というかを抱えた患者役あるいは看護婦役を役者として見事!

うちのわがまま大王じいちゃんにも、パコのような役回りの人が出現してくれたらねえ・・・

| | コメント (0)

七五三の衣装

オバのお孫さんが今年七五三で、我が娘の衣装を借りたいという申し出があった。え・そんなもの何処にしまったかなあ???下の娘の使った後、妹の娘に貸してあげたはず。(っていうか母が勝手に貸してあげたと思う。)だから、私は何処にしまってあるかしらな~い。

だいたい、マイマザーは、自分が買って、挙げた物は、自分の手を離れた後も、自分の物のように扱う人だった。挙げてしまった後は、自分の物じゃないんだよ。と私は思うんだけど。この七五三の衣装も、私の嫁入り支度の品々も、子どもたちに買ってくれたいろいろなモノも、ぜ~んぶ、自分の物だと思っていた。子どもが成長し、要らなくなった物を捨てても機嫌が悪かったし。上物を普段に使っていると、もったいない、と苦情があったし。ムシするとある日忽然と私のタンスから消えているし。

それで、この七五三の着物も「孫の着物をかしてあげるし、買わんとき。」とオバに言っていたらしい。

もう家捜しですわ。広くもない家ですが、探すとなると大変。結局、着物本体はな・なんと私の和箪笥から出現。小物類は奥の間の袋戸棚から出現。・・・疲れました。それをひとまとめにして、送ってあげたところ・・・・

「孫が気に入らないって言うので・・・ごめんね手間かけて」と送り返されてきた。大変恐縮されていたが、私は全然気にしないからいいのに。

それよりも、私は、「この着物イヤ」って言えた孫さんに拍手を送りたい。そして、それ以上に、お嫁さんにも・・・義理母さんが用意した着物を娘がイヤといった、それを正直に義理母さんに伝えた・・・・拍手喝采ものだ。

私にはできなかったもの。いろんな場面で我が娘はおばあちゃん(=マイマザー)のいう通りにしたがらなかった。でもそのたび、私は、母の機嫌が悪くなるのを恐れて、娘たちに「そんなこというもんではありません。」と言ってきてしまった。

ごめんよ。娘たち。

| | コメント (0)

新米到着

遂に新米到着~うれしい~!3年間、新米にはご無沙汰・・・どころか、全然おいしくないお米を食べていたんだもの。今年は、例年になく楽しみにしていた。

折しも、「事故米」事件で大騒ぎの日本で、生産者の顔が見える・・・っていうか生産者自ら配達してくださる正真正銘の近江米を食べられるなんて、最高~

ちょうどお彼岸で、夫は代休を利用して実家に行く。新米をお持たせしてあげよう!・・・と精米器で4合精米しました~(=たった4合=けち?だって、おかあさん一人暮らしなんだもん、それにうちの精米器は1回最高4合なんだもん)

で、これから行きますコールをしたとき、「新米持っていくからね」と嬉しそうに言うと、「お金払うからたくさん欲しい」とおっしゃる・・・妹さんも前からかんちるさんのとこのお米はおいしいからほしい・・・って。きゃー、どうしよう。今年は3俵しか買ってないのに~。(=3俵というのは30キロの米袋6袋分)

すぐに農家の人(=マイフレンドの実家)に電話したけど、今年は減反で、もうないとのこと。しかたない、4合なんてけちくさいこと言ってないで、1袋あげよう。

ってなわけで、4合の予定が30キロ玄米に急遽変更。

妹さんが、かんちるさんとこの米がおいしい、と言うのは本当です。

同じ近江米の日本晴れでも、採れる場所によって粘りが違うのです。かんちるの友だちの実家の田圃は粘土質。粘土質の田圃の米は粘りが出るんだそうです。後は天候によって、おいしい年とそうでもない年があるそうです。

新米におみそ汁、あるいはおつけものがあれば、もう満足!これで、また体重が増えること間違いなし。

| | コメント (0)

栗ご飯

秋と言えば栗。栗と言えば栗ご飯・・・

この土日はこの辺りの小学校は軒並み運動会が開催される。(それなのに、台風通過で木曜日から雨続き)

秋と言えば運動会。運動会といえば栗ご飯・・・

ということで、栗ご飯を作りました。

今年は・・でも、残念なことにまだ新米がとどいていないのです。

お店にはもうちらほら新米がではじめているけれど、農家直の新米はもっとおいしいのです。なんでも、100%新米でなくても「新米」表示はできるそう。何%だかは忘れたが、表示以外の物がまざっていてもいい・・・(という事は「国産」表示にもかかわらず、輸入米が少々交ざっていてもいいって事・・・?)それで、農家直の新米はおいしいわけです。

しかも、近江米ですからね。

話をくりごはんにもどし、栗ご飯を食べると、秋だな~と感じます。皮をむくのは面倒だけど、食い意地のはっている私には、おいしいモノのためなら栗の皮むきなんてなんのその。しかも、我が家の栗ご飯は、栗ご飯と言うよりも、栗入り加薬ご飯なのです。邪道だといわれようと、餅米入り白米に醤油なし塩のみのほうが栗の色が生えると思っても、加薬ご飯に入れる方が人気あり。栄養もバランス良くとれるし。

今朝は五時起きでお弁当を作りました。久々のお弁当作りです。バンドンにいる間は、お弁作りはメイドさんにお任せでした。ありがたみがしみじみ・・・私はお料理は好きなんですが、お弁当作りは、大嫌いなのです。だいたい、熱い物は熱々で食べ、冷たい物は寸前まで冷やしておく・・・そういう料理の仕方を好むので、たまに作る、「さめてもおいしい料理」は、全く別の能力が必要となってくるのです・・・それで、前日からてんやわんやの大騒ぎ、朝も早朝から、一見大張り切り。ところができあがった弁当は、たいしたことない・・・んです。

外国人は、ここまで気合い入れた弁当作らないよなあ。

| | コメント (0)

虫との戦い

つい最近まで、菜園の敵は「雑草」と思ってました。抜いても抜いても、次々生えてくる雑草・・・

でも、いまじゃあ、雑草なんてティダアパアパ。

戦うべきは、「虫」です!!!

白菜も大根も、虫の穴だらけ!!!

不織布を張り巡らしたので大丈夫と思っていたら・・・雨のあいまにフト覗いてみると、見事やられています・・・でも、なんで?チョウチョははいれないはずだよ・・・とよく見ると・・・犯人は青虫クンではなく、コガネムシみたいな甲虫の小さい版でした。直径2ミリほどのつややかなコガネムシみたいなヤツは取ろうとすると、ぽろりと下に落ち姿をくらまします。ムカツクー!!

でも、薬を蒔く気は無いし、しばらく様子をみることに。商売じゃないから、ダメになったらこの冬はざんねんだけど買えばいいだけのこと。気楽なモノです。

しかし、これならまだ青虫のほうがましかも・・・割り箸ではさんで捕獲できますから・・・

私は大根の間引き菜とおあげさんのみそ汁が大好きなのです。それで、わざと多めに大根の種は蒔いたんですが・・・いまじゃあ穴だらけです・・・かなし~

| | コメント (0)

«自然への畏怖・・・秋祭り